拝啓 貴台ますますご清祥の段お慶び申し上げます。貴方様には、敬神崇祖の念篤く、平素より当神社への御協力を賜り衷心より感謝申し上げます。

当神社は、平成4年6月17日未明、浮浪者の放火により社殿を全焼いたしました。その後、一日も早い社殿再建を願う多くの方々のご支援を頂きながら募財活動を進めてまいりました。その結果、第一期工事として平成13年5月に本殿再建、第二期工事として平成19年4月拝殿・瑞垣・翼舎再建と相成りました。衷心よりお礼申し上げます。しかしながら、祭事において、大きな役目を果たす弊殿の再建には至らず第2期工事の中断を余儀なくされています。引き続き、弊殿再建のための募財活動を進めております。

つきましては、広く氏子ならびに崇敬者各位に格別の御賛同と御支援をお願い申し上げ、神社再建の早期達成を期したいと念ずる次第でございます。各位には何かと御負担の多いこととは存じますが、御神明へのまことを賜り、御社殿再建がめでたく完遂出来ますことをひたすらに念じながら、ここに御協賛を懇請申し上げる次第でございます。何卒宜しくお願い申し上げます。敬具

社殿再建までを画像にて公開いたしております。

 
     
             
   
             
   
             
               
   
               
   
               
   
               

Copyright(C)2008 ITSUKUSHIMA JINJYA All rights reserved.